経営陣ご挨拶


当社は1969年の創業以来、安全確保を大前提としながら、お客様の資産である建物の付加価値クリエーターとして業務に励んでまいりました。

大規模ビルやマンション、主要ホテル、各種学校、水処理施設などのオーナー様に対し、「お客様の快適な建物利用をバックアップ」することをモットーとしております。

当社のコアサービスであるビルマネジメントは、日常的にお客様との対話を重ねることで的確にニーズを把握し、 あらゆるサービスを自社により一括でご提供することで、不可避的に発生する緊急対応の場合にも迅速な現状復帰をお約束しております。

また急成長のリノベーション事業は、コアサービスの延長で発生する建物の老朽化対策等は言うに及ばず、 資産のバリューアップに主眼をおいており、お客様との対話を通じて得た情報を抽出分析した上で、 マクロエコノミクスやトレンドに呼応した、攻めのバリューアップ施策として数多くのお客様からご好評をいただいております。

昨今ではお客様に対するソリューションサービスの幅をより広く・深く、を目指し、ビルマネジメントのみならず、ホスピタリティー業界や国内不動産への海外投資家向けのプロパティマネジメントサービスを提供しております。
年間の訪日外国人観光客が2000万人を超え、民泊の法制度が整備されていくなかで、当社ではリゾート物件および民泊施設などへのマネジメントのニーズが高まっており、それに呼応したホスピタリティー業界への売上が急拡大中です。海外投資家向けサービスは、国内不動産の取得を試みる投資家を投資前から独自のネットワークで囲い込み、投資後のプロパティマネジメントまでの一貫したサービスを提供しております。

ベリーズ・インクは「現場を見る眼」を原点として、また「いつでも建物と人のそばに」を具現化し続けるよう、益々精進してまいります。

今後とも一層のご支援とご愛顧を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

古我信長 鈴木啓太